こんばんは!
I's Food & Health LABO.代表、フリーランス管理栄養士の藤橋ひとみです。

今日のテーマは、フリーランス起業に興味がある方からよくご質問をいただく
『起業前に日常生活の中で意識をして準備しておくべき3つこと』について。

私が「なんとなく起業って良いかも・・・」と考えはじめた頃から、日常生活の中で意識をしてやっていた3つのことを、コッソリ教えちゃいます。

人の悩み・愚痴をノートにメモ!

起業準備|ビジネスプラン構築|フリーランス起業準備|管理栄養士|メモ

起業したいと思ったときに、まず最初に悩むのは…
「どんなサービス・商品を作ろう!?」ということではないでしょうか?

ビジネス = 誰かの悩みを解決すること、人のお役に立つこと。

まずは「周りの人がどのような悩みを持っているか?」というところから、意識を向けてみてください。

その悩みごとや愚痴の中に、ビジネスのヒントが転がっていることって、よくあり得ることなんです。

気になるキャッチコピーをハンティング!

ねこ|ハンティング|キャッチコピー|フリーランス起業準備

普段、なにげなく日常を送る中で目にする、

・電車の車内広告や駅のポスター
・ニュースアプリのタイトル
・Yahooニュースの見出し
・雑誌の表紙
・テレビCM

・・・などから、パッと目に付いて「面白い!」と思ったものをメモをする癖をつけていました。

そして、なぜ自分の目にとまったのか、
その理由を分析し、そのキャッチコピーが作られた背景を想像するのが、探偵気分で、本当に楽しくて!

ついつい、止まらなくなってしまうんですよね。

ライティングの練習を生徒様としていく中で、多くの方が悩まれるのが、このキャッチコピー作り

ビジネスの集客において、自分の発信が人の目にとまるかどうかを左右する大切なスキルなのですが、日常生活の中で良い事例をインプットする癖がある人は、アイディアも湧きやすいんですよね!

情報社会の中で、毎日たくさんの情報を目にする環境にあるため、意識次第で大量のインプットができるはずです。
キャッチコピーハンティング、ぜひお試しください。

とにかくSNSやブログで発信する!

SNS集客|起業女子|使い分け|フリーランス起業

これは、この3つの中で一番大切だと思っています。

栄養士起業では「起業をしよう!」と決意してから、ようやく重い腰をあげてネットでの情報発信を始める方が多いようですが、正直、それではちょっと遅い印象です。

もちろん、情報発信をしていない段階で起業をしてはダメということではありませんが、自分の想いや意見を一目に触れる場所に書くという行為に慣れるには、ほとんどの方の場合、ある程度の時間を要します。

日頃から情報発信に慣れている人は、「いざ、起業するぞ!」と本腰を入れて動きだした際のスピード感が全然違います。

私も起業前からSNSやブログでの発信をしていたので、かれこれ10年くらい情報発信し続けているわけですが…

やらないと上手にもなりませんし、自信もつきませんから、苦手意識がある方こそ、まずは起業に向けてネットでの情報発信からはじめてみることをおすすめします。

発信する内容は、日記でもぼやきでも何でも良いんです。

なによりも大切なのは、「起業したら始めよう!」という考えは捨て、
気になるツールがあれば、今すぐにアカウントを作成して、まずは使ってみましょう。

▼食と健康の専門家のフリーランス起業に役立つ情報満載!
1週間の無料メール講座「I's エキスパート通信」の登録はこちら♪

I's エキスパート通信|メルマガ|フリーランス起業|栄養士・管理栄養士