こども育脳ごはん研究家
管理栄養士 伊藤祥子

こども育脳ごはん研究家|管理栄養士|伊藤祥子

ホームページ・SNS

https://www.instagram.com/shoko_douce2017
https://lin.ee/ND0WCTO

受注可能なお仕事

コラム執筆 / レシピ開発 / セミナー講師 / スタイリング・撮影 / メディア出演 / 栄養計算 / PRのお仕事

得意分野

育脳 / 子供 / 妊娠・出産  / 家庭料理

所有資格

・管理栄養士
・乳幼児食指導士
・フードコーディネーター3級

主な活動拠点

愛知県・長野県

プロフィール

はじめまして!
3歳からのキッチン育児でぐんぐん才能を伸ばす!
こども育脳ごはん研究家の 伊藤 祥子(いとう しょうこ) です。

脳の発達を促す食事法とキッチン育児で子どもの才能を伸ばし、
子育ての悩みを抱えるママのサポートをする活動をしています。

こども育脳ごはん研究家|管理栄養士|伊藤祥子


◎活動への思い

突然ですが、
「脳は6歳までに9割完成する」ことを知っていますか?

食べたもので体は作られる。
生まれてから6歳までにどんな食事をしたかで、こどもの脳の成長に差が出てくるのです。

そして、その時期にこそ「できた!」という成功体験を積み、
自己肯定感を築くことが
子どもがのびのびと健やかに成長し、
自分で自分の才能を開花させるために重要なのです。

そのために、一番近くにいる親が「毎日・おうちで」できること
それが「育脳ごはん」と「キッチン育児」!

脳の発達と食事に関してはさまざまな研究が進められています。

幼児期の悩みとしてよく挙げられる、癇癪や落ち着きのなさ、夜泣き、極度の人見知りなど…
もしも今、子育てに悩み、イライラしてしまうことがあれば
それは今の食事に原因があるかもしれません。

どんな子どもに育ってほしいか、親の想いは様々にあると思いますが、
「のびのびと、そして素敵な笑顔と共に、生き抜ける力を身に着けていってほしい」
これは共通する想いではないでしょうか。

キッチン育児を通して親子コミュニケーションを育みながら自己肯定感を築き、
脳の発達に不可欠な栄養が詰まった食事を日々のおうちごはんの当たり前にする。

その結果、その子がその子らしくのびのびと育ち、
自分で生き抜く土台を身に着けられる、そんな子育てができる。子育てに自信が持てる。

そんな活動をしています。

経歴

長野県出身、愛知県在住の2児の母。
大学卒業後は管理栄養士として総合病院に就職し、治療食やアレルギー食の調理から献立作成、栄養相談、栄養管理など幅広く携わる。

退職後、一年間ベルギーへ渡り、現地の日本人向けに栄養セミナーや料理教室を開催。
現地の食材やレストランを取材したコラムも執筆。
帰国後は妊娠・出産・育児の傍ら、妊婦向け料理教室の講師、託児施設での栄養士業務、子育てママ向けの「栄養学が学べる料理教室」を主宰するなど、子育て支援をキーワードにフリーランスとして活動。
その他、飲食店の取材記事の執筆や農家の広報としても活動経験あり。

テレビへの情報提供・出演や離乳食食器のアンバサダーを務めるなど、活動は多岐にわたる。
現在は育脳ごはんとキッチン育児の専門家として「1日5分のキッチン育児でできた!が増える&才能伸びる!こども育脳ごはん講座」を主宰している。

実績

Coming Soon…

 

メンバー一覧に戻る